情報処理技術者試験合格者のコミュニティ

第22回研修会(東京) 「プログラミング教育必修化は社会をどう変えるか?」

日本システムアドミニストレータ連絡会
第22回研修会(東京)

「プログラミング教育必修化は社会をどう変えるか?」


日本システムアドミニストレータ連絡会では、参加者・会員相互の研鑽、交流と親睦の場として、研修会を開催しています。 今回は、下記要領にて第22回研修会(東京)を開催いたします。

開催主旨
学習指導要領の改訂により、2020年度から小学校でのプログラミング教育が必修化され、2021年度から中学校、2022年から高校と続きます。その目的と概要を踏まえて、これからの日本のビジネス界がどのように変わっていくのか、新しい社会、新しい時代をどのように作っていけるのかについて、楽しく語り合いましょう。

開催日時  2019年 6月 8日(土) 13:30~16:30 (13:00~受付開始、終了後、懇親会あり)
場所  全水道会館 5階中会議室
東京都文京区本郷1-4-1

JR水道橋駅 東口(お茶の水駅より)下車2分

都営地下鉄三田線水道橋駅 A1出口1分
<アクセス案内図>
※会場への直接のお問い合わせはご遠慮くださいますようお願いいたします。

■参加対象  JSDG会員、一般の方
■定員  約70名 (定員になり次第締め切らせて頂きます。)
■申込締切  2019年5月10日
■懇親会 17:30頃から2時間程度の予定
■申込画面
変更はこちらから
■プログラム(予定)【13:30-16:30】

【基調講演】
2020年に小学校、2021年に中学校、2022年に高校で予定されている新学習指導要領の概要と学校教育の変化について

(株)ベネッセコーポレーション 商品開発推進部 プログラミング教育開発課
小田 理代 様

【会員発表】
プログラミング教育本のレビュー経験、小中学生の子育て経験、これまでの仕事経験等から考えるプログラミング教育がもたらす変化に対する持論を共有

JSDG会員 神田ゆりあ

【ディスカッション】
シスアド達が考えるプログラミング教育がもたらす未来
新しいプログラミング教育を受けた世代が社会に出てきたとき、どんな社会、どんな職場、どんな状態になっているのか、参加者の皆さんの知識、経験をもとにディスカッションする。

参加費
研修会費 事前振込の場合:(会員)500円、(一般)1,000円
当日現金の場合:(会員)1,000円、(一般)1,500円
懇親会費 5,000円 (JSDG会員、一般)
お問い合わせ
こちらまで

■ITコーディネータの皆さまへ
資格更新条件に関する運用ガイドラインに準じ、実践力ポイントが取得できるよう申請予定です。

※その他
・会場内での無断撮影・無断録音はお断りします。
・当ページの掲載情報は事前予告なしに変更する場合がございます。
・当日はカジュアルな服装でご来場ください。
・会場・懇親会での名刺交換が盛んです。名刺を少し多めにご持参ください。

主催: 日本システムアドミニストレータ連絡会(JSDG)
後援:

一般社団法人 日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)(後援依頼中)
一般社団法人 IIBA日本支部(後援依頼中)
特定非営利活動法人 ITコーディネータ協会(ITCA)(後援依頼中)
特定非営利活動法人 スキル標準ユーザー協会(SSUG)(後援依頼中)
特定非営利活動法人 ビジネスシステムイニシアティブ協会(BSIA)(後援依頼中)
日本ITストラテジスト協会(JISTA)(後援依頼中)
経済産業省 関東経済産業局(後援依頼中)
日本イノベーション融合学会(後援依頼中)

社長あどみちゃん

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.