JSDG会員の中村です。

働き方改革、COVID-19対応で、テレワークが急速に広がりつつあります。
2020年3月から急にテレワークを開始した企業もあるのではないでしょうか。

さて、ひとくちにテレワークといっても様々な課題があります。
大事なことは「全体の働き方改革、生産性向上につなげる」ことだと思います。

単に「出社させないための一時的な措置」「一部の人のためだけの制度」とすると、
問題が終息したときに、急速に使われなくなる恐れがあります。

テレワークを実現するためには以下の点があるかと思います。

  1. 出社しなくても業務ができる体制であること
    (紙での押印や対面での業務でないこと)
  2. 出社しなくても業務ができる環境があること
    (リモートアクセス、PC、クラウド等)
  3. 出社しなくてもコミュニケーションがとれること
    (電子メール、会社支給の携帯電話・スマートフォン、チャットツール、Web会議)

これから、このブログをとおして考えていきたいと思います。

よろしくお願いします。