【Ui Explorerの活用方法】

今回はFind Children で使う、SelectorやFilterを探すのにUi Explorerを活用する方法について説明します。

 

 

ポイントは左のツリー部分とHighLight機能を使うところです。

もちろん、UiExplorerは、通常のSelectorでの探索の時にも使いますが、その場合は、ツリー部分のチェックは使わなくても大丈夫なことが多いです。

手順はこんな感じです。

1.UiExplorerを起動する。

2.UiExplorer画面
(以前のバージョンだとヘッダーのレイアウト等が結構違います)

 

3.調べたい場所のどこかをクリックする

4.UiExplorerの一覧が更新されるので、HighLightをクリックする

5.今どこを選択しているかがわかるようになる

6.ツリー部分を適宜ダブルクリックする→ HighLightの場所が変わる

7.ここで範囲全体の情報を取得する
あちこちクリックして、</>’TBODY’ が FIND_CHILDRENのSelector範囲に該当することを突き止める。

8.FIND_CHILDRENのSelectorにコピーする

9.Filter部分も同様に、探していく

表示された要素から適宜取捨選択して(ここは試行錯誤)Filterに貼り付ける

 

ちなみに、Selectorにコピーする時は、メモ帳にいったんコピーするなどで編集すると便利です。
それから、タグ名は以下を認識しておくと便利かもです。
・TRは行(TableRowの略)
・TDは表のデータセル(TableDataの略)

10.FIND_CHILDRENなのかFIND_DESCENDANTSなのか

こんな感じの分類です。上手く動かない時は FIND_DESCENDANTSにしてみると良いです。

 

<補足>
もちろんUi Explorerは、Find Children以外でも、バリバリ活用します。
そして、Ui Explorerの使い方は、UipathアカデミーのSelectorの項を見るとわかりやすいです。
久しぶりに見たら、アカデミー、構成も含めてすごくわかりやすくなっていて、驚きました。

↓Find Childrenの設定方法について記載しています

RPA体験談【実践編:UiPathのFind Children(子要素を探す)を使って範囲内の全てを処理する】

 

 

 

↓日記の目次を作りました。

RPA体験談【目次(主にUiPath)】

 

 

次へ 前へ